リサイクルをしよう

粗大ごみって実は高い!

大きな家電や家具を処分したいと思ったら、まず多くの人が考えるのが粗大ごみとして捨てることではないでしょうか。
捨てるときには様々なルールがあります。
小さいものであれば、地域のごみ集積所まで持って行けば回収してもらうことができますが、大きなものとなると別途回収を依頼する必要があります。
さらに、家電リサイクル法にあてはまるエアコンや洗濯機などの特定の家電は回収してもらうことができません。
処分するのが行政なだけに、不法投棄などはないため安心ですが、どうしても費用と体力が必要になります。
あまりに大きなものであると、家の外に運び出すのだけでも大変です。
また、処分費用が安くはない上、シールを購入したり日時の指定を行ったりと手間がかかってしまいます。

家電リサイクル法

先ほども少し触れましたが、家電リサイクル法というものがあります。
正式には「特定家庭用機器再商品化法」という法令です。
これは、簡単に言うと一般の家庭からごみとして出されたエアコンやテレビ、冷蔵庫や洗濯機などの電化製品の部品や材料で再利用できそうなものをリサイクルするというものです。
リサイクルすることで、廃棄物が減り、資源の有効活用をしていくことを目的としています。
品目によってリサイクル料金が変わってきます。
このリサイクル料金に加え、収集料金などがかかる上、処分したいものによって回収の依頼先が変わることもあります。

お金はかかってしまうかもしれませんが、貴重な資源を有効活用するためであると考えると妥当かもしれません。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ